2008年03月25日

英語学習法−その1(2)

映画を録音して繰り返して聞くという方法の良い点は、ストーリーが分かっているだけに、例え聞き取れなくても場面が想像出来るので、通して聴くことが苦痛でないことでした。また、途中で挿入歌が入ったりして、一本調子にならずに気分転換が出来るというのもあります。

映画を選ぶ前に、NHKのビジネス英会話とかも使ったのですが、通勤時間とか利用して勉強するには各スキッドが短過ぎて、英語に接している時間が少ないと感じました。どうしても、講師の先生の話が長くって時間が有効に使えません。

ただ、前回も書きましたが、バックアップ教材が用意出来なければ、「こう言っている」と思っていることが実は勘違いだったということも結構生じます。これが欠点です。また、私の場合、テープを何本か用意したのですが、結局使ったのは、この「プリティウーマン」だけでした。やっぱり、作品の好き嫌いが出て、偏りが生じてしまうようです。

こうした長所・短所を上手く使い分けて試されることをお勧めします。
ラベル:学習法
posted by Tada at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。